昆虫・食品ニュース

昆虫食と発酵

 まだまだ暑い季節が続いているこの頃ですね。唐突ですが、皆さんは食べ物を腐らせた経験はありますか。例えば、牛乳や豆乳を冷蔵庫の外に放置して異常に酸っぱいドロドロしたものになってたり、パンが納豆のような糸を引くまでに腐ってたりなど…。余談ですが、今夏、筆者はコーンブレットを1週間常温放置してそうなりました。とても飲み込むことのできないぐらいの納豆のような臭いと妙に粘り気のある食感で台無しにしてしまいました…。

 さて、なぜこんな話をしているのかというと、昆虫を発酵させた食品があるのか、について気になったからです。ここで、発酵とは微生物により物質、成分を分解、変化する現象のことを言います。上記の例は微生物の働きが悪い方向に向かってしまった、あるいは過剰に分解や変化しすぎたもの(これを腐敗といいます)ですが、納豆、醤油、味噌、ヨーグルトやぬか漬け、キムチなどの漬物のように発酵で人間にとって有益で絶品とも言える代物になるのです。それは昆虫を使ったものでも例外ではない、と考えています。

 そこで今回は、昆虫発酵食品は存在するのか、調べていきます。

 日本国内に発酵昆虫食は昔からあったかというと実はないようです(あるいは、文献がない)。ただ、現在では調味料や飲料として昆虫を用いた発酵食品があるそうです。いくつか紹介していこうと思います。

 まず、いなか伝承社さんが販売しているイナゴソースです。これはイナゴを原料にして、一方は醤油麹で、もう一方は米麹を用いた2種類からなる昆虫発酵調味料です。いなか伝承社さんのある和歌山県は醤油発祥の地ともいわれ、地域活性化のため日本初の昆虫を用いた発酵調味料を開発したのだそうです。ただ、今現在このイナゴソースは販売しておらず、今後生産する予定は残念ながらないそうです。ただ、昆虫食普及を止めた訳ではないので、今後の活躍に期待ですね。

(いなか伝承社さんのURL

: https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000069181#shop-info

海外のレストランからも注文を頂いているそうです。現在は昆虫食と発酵の組み合わせを紹介でき、その役目を終えたためイナゴソースの販売から手を引いたとか。

次にコオロギビールです。これはANTCICADAさんが遠野醸造さんと共同開発。コオロギとモルトを麦汁に加えて製造。黒ビールのような見た目でコーヒー、カカオのような香りが引き立ち、苦みとともにキャラメルのような余韻を味わえるそうです。他にもANTCICADAさんはコオロギ醤油やタガメジン、蚕のフンを原材料にしたブランデー“SANSHA”も開発しており、コオロギ醤油はコオロギラーメンで使用され、コオロギビールとタガメジン等はANTCICADAさんのレストランで提供されています。

(ANTCICADAさんのURL

https://antcicada.com/

重厚な見た目のコオロギビール。コオロギビールについての詳しい開発経緯や特徴は以下のURLで

https://camp-fire.jp/projects/view/265644

 他にも商品化はされていませんが、手前みそのススメさんがコオロギを用いて味噌を作ることに挑戦した内容のブログ記事がありますので、併せて紹介させていただきます。

(URL:https://temaemiso-susume.com/report/1422/

 これらの事例を見ると、昆虫食に限界はないのかもなぁ、あらゆる調理が昆虫で出来るのかもしれないと思えてきます。昆虫食は今急速に発展していますが、多くは調味料や飲料にとどまっております。ですが、それら以外の発酵昆虫食もきっとどんどん世に出てくるでしょう。

 また、次の記事でも昆虫食と発酵について紹介していきたいと思いますが、日本では如何せんあまり事例がないので、海外の発酵昆虫食に焦点を当てようと思います(英語力が皆無なので時間はかかると思いますが…orz)。

 おまけ:海外の昆虫食と発酵についていずれまとめるにあたって、サブサハラ(サハラ砂漠より南のアフリカ地域)での食料不足といった食料安全保障問題のための発酵食用昆虫についての記事を面白そうだったので載せておきます。次回その内容を紹介するつもりです。多分…。(追記:リンクが異なっていたようでしたので、修正しました。申し訳ありませんでした…。)

https://www.mdpi.com/2075-4450/11/5/283/pdf

昆虫・食品ニュース

Society5.0とは~未来の社会~

 皆さんは「Society5.0」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。機械や情報関連の勉強・イベントなどに参加をしている方はご存じかもしれません。私は大学一年生の時に初めて参加したCEATECというイベントで初めて知りました。うつせみテクノでは「Society5.0」にも非常に注目をしています。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

現在クラウドファンディングに挑戦をしています。ご支援・応援の程よろしくお願いいたします。

食品ロスを使ったブランドコオロギ&昆虫日本食・文化・農業へ向けてのクラウドファンディング挑戦中!!!

下記リンクよりクラウドファンディングをご覧いただけます。

https://camp-fire.jp/projects/view/305421

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1-1.Society5.0とは

 「Society5.0」とは内閣府の定義によるとサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Societyとされています。

 「Society 1.0」の社会は狩猟社会、「Society 2.0」の社会は農耕社会、「Society 3.0」の社会は工業社会、「Society 4.0」の社会は情報社会でした。これからの新たな社会は情報社会により得られた豊富な情報を活用した未来の社会になるといわれています。それこそが「Society5.0」です。

1-2.これまでのSociety4.0の社会

 これまでのSociety 4.0の社会つまり情報社会では得られた情報や知識が他人と共有されず、情報格差や多くの問題の解決が非常に困難でした。昔のパソコンでのネット検索を想像していただけると分かりやすいと思います。昔のネット検索では調べたいキーワードを入力したとしても得たい情報を手に入れることが困難であったと思います。現在はキーワードを入力するとその人自身の検索傾向などからAIが解析をし、できるだけ答えに近い情報を得られるようになりました。

出典:東京農業大学バイオロボティクス研究室

1-3.農業における Society5.0の社会

 具体的な活用例として農業における活用をいくつか紹介いたします。日本における少子高齢化問題は非常に深刻化しています。それに伴う農業問題も多岐にわたります。「スマート農業」という言葉をご存じでしょうか。ロボット技術やAI技術などを活用し、省力化や精密化などを目指す次世代の農業のことです。分かりやすい活用例では自動的に動くトラクターやドローンによる農薬の散布、自動草刈り機などがあります。それだけでなく、天候を解析し作物生産に活用する、農作物の生育情報を記録し新規就農者のサポートに活用するなど様々なところで活躍すると言われております。

 私が初めて農業に興味を持ったのもこのスマート農業について知ったことからでした。ロボットについて専門的に勉強をしていく中で、自然と機械の融合、そして農業の問題を解決することが出来るかもしれないというところに惹かれました。しかし実際の農業生産現場ではスマート農業はあまり歓迎されていない印象を持ちました。農家さんとお話をする中でロボットは高価で一農家では購入できないという意見が大半でした。これからのSociety 5.0の社会が目指すのは経済発展と社会問題解決を目指し、ロボットなどの技術を用いた人間中心の社会です。私たちの活動から、ぜひ現在の日本の農業について多くのかたに知っていただきスマート農業・そして生産現場について知っていただきたいと思っています。

1-4.食品における Society5.0の社会

 食品においてもSociety 5.0の社会により便利・安全になるといわれています。例えば個人のアレルギーの情報や個人の食の好き嫌いをAIが解析し適切な食品を提案する、市場の情報や小売店の販売情報などより販売数を予想し食品ロスを減らすなどがあります。

 私が特に注目をしているのは食品3Dプリンターという技術です。3Dプリンターはご存知でしょうか。人では作成することが困難な幾何学的な形を固体として作ることが出来る技術です。最近では食品3Dプリンターの技術も発展しています。食は味だけでなく、見た目や食感なども重要であると思います。この技術により個人の好きな味・形などを考慮した食を機械が作ってくれる日もそう遠くないのかもしれません。キッチンでこれが食べたいとボタンを押したらそれが出てくる未来の日常。。。。。漫画やアニメのような現実が近づいています。私はそれを想像するだけわくわくします笑

1-5.最後に

 「Society5.0」とはどのようなものか少しでも理解していただけたでしょうか。興味を持っていただけましたら幸いです。未来の技術が想像でき面白いと思います!!!笑

 これからの社会はAIなどにより今までとは違う社会になっていくかもしれません。それに伴い新しい働き方や仕事・生活様式が出てくると思います。コロナウイルスなどの影響による現状を見つめつつ、明るい未来に希望をもって頑張っていけたらいいなと思っています!最後までありがとうございました!

↓これは私が好きなアリからアイデアを得たロボットです。

引用・参考文献

Society5.0 内閣府

https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

告知

食品ロスを使ったブランドコオロギ&昆虫日本食・文化・農業へ向けてのクラウドファンディング挑戦中!!!

はじめまして。私はうつせみテクノ代表の秋山大知と申します。

現在、東京農業大学の三年生で日々農業・食料に関する様々な勉強・実習をしています!

現在、題名の通り東京農業大学発!食品ロスを使ったブランドコオロギ&昆虫日本食・文化・農業へ向けてのクラウドファンディングに挑戦しております。

具体的には、食料・環境・エネルギー・人口増加などの解決につながる昆虫食について、東京農業大学・バイオロボティクス研究室と食品リサイクル大手のウム・ヴェルト株式会社様、食用コオロギ生産を行っている太陽グリーンエナジー株式会社様と協力して、食品ロスを昆虫用エコフィードとして設計・開発し、これを用いた農大&埼玉県&山梨県の食用ブランドコオロギを開発をしていきます!

下記リンクよりクラウドファンディングをご覧いただけます。

https://camp-fire.jp/projects/view/305421

環境に特に良いとされる昆虫食もまだまだ一般的には浸透していません。また、農業問題、食品ロス、地球温暖化、食糧難、経済格差や情報格差など、多くの問題が存在します。

私達の力は微々たるものですが、様々な皆様のお力を頂きながら、実社会での問題に対し、実際に行動をして少しでも解決されるよう努力していく所存です。

東京農業大学から、そして埼玉県・山梨県から新しい昆虫日本食・文化・農業を作っていき、それを日本全国、果ては世界に波及させていきたいです!

ご支援・応援の程よろしくお願いします。

告知

道の駅かぞわたらせに行ってきた!

 先日埼玉県加須市にある、道の駅かぞわたらせに秋山と副代表の重冨で行ってきました。

その時の動画をyoutubeにアップロードしていますのでぜひご覧ください!

 

 実は弊社の昆虫食リパッケージ商品を置いていただいております。また限定で商品を購入してくださったお客様には缶バッチをプレゼントしております。

 私は埼玉県で有名な狭山茶コーラを購入し飲んでみましたが、飲むと炭酸がはじけた後、余韻としてまるで茶畑を丸ごと感じられるような上品な味で美味しかったです笑

 道の駅かぞわたらせは道の駅初の恋人の聖地としても有名らしいです!!また埼玉県・栃木県・群馬県の三県の境にあるそうです。実際さいぐんとというお店では栃木県で有名なレモン牛乳の商品などもありました。また多種多様なメダカも販売してまして、一部の界隈では有名だそうです。

 平日にかかわらず、お食事処には多くのお客様がいらっしゃいました。私も蕎麦を食べたのですが少し固めでコシがありとても美味しかったです!

 ぜひ皆様道の駅かぞわたらせへお越しの際は弊社の昆虫食、そして様々な加工品や生鮮野菜をご覧ください。

<アクセス>

電車でお越しの方

東武日光線 柳生駅より徒歩10分

JR古河駅からタクシーで10分

お車でお越しの方

東北自動車道 加須インターチェンジから約20分

東北自動車道 館林インターチェンジから約15分

<道の駅かぞわたらせ様のHP>

https://www.kazo-watarase-michinoeki.com/

昆虫・食品ニュース

農業×昆虫の深い関係

 ご存じの方も多いかもしれませんが昆虫と農業は非常に深い関係があり、面白いです。最近では昆虫農業プロジェクトというものを行う企業様もいます。今回はそんな農業と昆虫の関係について書いていきます。

1-1.農業害虫

 まず初めに多くの人が農業と昆虫の関係性で想像するであろう害虫についてです。農業において、害虫の防除は重要な課題であり、古くより農業にとっての重要な問題でありました。例としては、アブラムシ・コガネムシ・ハムシ類などがありますがここでは挙げきれないほど多くの害虫が存在しています。

https://shiny-garden.com/post-1816/

↑ハムシです。よく見たことがあるのではないでしょうか 

 現在は農薬や殺虫剤などの発展により過去に比べ被害は減少しております。最近では農薬などの散布をドローンなどの機械を使用して散布する農家さんも増えてきております。しかしこれは農薬を使用したときの話であり、現在の日本では有機野菜を求める方も増えてきており、害虫との関係は再び問題となっています。無農薬栽培は技術的にかなり難しく収量も少なくなりがちですが昆虫の生態系や生物多様性を考えるとよいのかなと私は思います。(有機農業については大学の先生や農家さんとたびたび議論をさせてもらうのですがなかなか難しい問題ですね笑)

https://viva-drone.com/drone-for-agriculture-2018/

 話が脱線しましたが、農業における害虫は日本に限った話ではありません。特に最近はニュースなどでたびたび取り上げられる海外のバッタ問題があります。2019年に発生した「サバクトビバッタ」というバッタが現在中国へと進んでおり、日本にも来るのではないかと危惧されています。最も被害が深刻なのはケニアで1000億~2000億匹(想像できないですね。。。)のバッタが約2400平方キロメートルの範囲で農作物を襲っています。これらがすべて食べられてしまった被害は8400万人分の食料が失われるといわれています。流石にここまでくると怖いですね

http://karapaia.com/archives/52243187.html

 ↑全部バッタです。。。信じられないです。

 バッタは孤独相と群生相という異なった姿と行動の個体に環境や状況によって変化します。今回のバッタは群生相という個体に変化しており、孤独相に比べ羽根が長くなり飛行距離が伸びます。(一日に100km以上飛ぶそうです)。このバッタ対策として中国ではアヒルを投与した事例もあるのですが解決には至らなかったそうです。このバッタの厄介なところは昆虫食として食べることが出来ないことです。様々な薬品を体内に生物濃縮としてため込んでいるバッタは食べることが出来ないのです。今後この問題の進展にも注目ですね。

https://otokomaeno.hatenablog.com/entry/20120205/1328428834

↑バッタの相変異です

1-2.農業における生物的防除

 実は最近農林水産省のHPを見ていて知ったのですが生物的防除という言葉があります。これは先ほどの農薬を使用するのとは違い生物やフェロモンを使用して害虫を駆除する方法です。例えば昆虫寄生性線虫を使用し、土壌等に潜む鱗翅目および鞘翅目害虫を防除するなどがあるそうです。野菜、果樹および芝などで使用されているそうです。また性フェロモン剤を使い、雄を大量に捕獲し雌の交尾機会を減少させる大量誘殺法と、雌雄間の性フェロモンによる交信を妨げ、交尾機会を減少させる交信撹乱法などもあります。

 私は初めて見たときこんなやり方があるのか!と驚きました笑ぜひ興味のある方は一度見てみてください!

https://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/gaicyu/

https://www.soilcare.co.jp/pest.html

1-3.昆虫農業

 こちらはTAKEO様が行っているむし畑というものの紹介です。自分たちで土を耕し、草を育て、その草を使いおいしい食用昆虫を育てるというものだそうです。将来的に家畜として使用される可能性がある昆虫の飼育方法の先駆的なプロジェクトですね!農業×昆虫から様々な旬の昆虫を楽しんでいただけるように生産しているそうです!ぜひ詳しくはHPにてご確認ください。すごく面白い取り組みです。

1-4.まとめ

 今回は農業と昆虫の関係について書きました。まだまだここでは語りつくせないほど農業と昆虫の関係は非常に深いです。特に海外のバッタの話は歴史の転機点にあると思うのでもっと詳しく話したいとも思っています。私も農業問題を昆虫食活動を通じて解決したいと思っていますので今後もいろいろな情報があれば共有をしていこうと思います!ここまで読んでいただきありがとうございました。

昆虫・食品ニュース

昆虫食でバキバキボディになれるのか?

 FAO(国連食糧農業機関)により発表された「食品及び飼料における昆虫類の役割に注目する報告書」によると昆虫は家畜に匹敵するほどのタンパク質があるとう報告があります。私も昆虫食について勉強をしている中でメリットの一つとしてタンパク質の多さを目にする機会が多いです。そこで今回は昆虫を食べれば本当に筋肉が付きやすくなるのかを書いていこうと思います!

1-1.タンパク質とアミノ酸とは

 私たちの体はタンパク質が15~20%ほど含まれています。髪の毛や、臓器そしてホルモンなど様々ものがタンパク質によって作られているのです。タンパク質は20種類のアミノ酸というものがいくつも様々に結合することによってできます。また20種類のアミノ酸のうち11種類は体内で作ることが出来ますが、残りの9種類(必須アミノ酸)は体内で作ることが出来ないので体外から得る必要があります。

 私たちの体は髪や爪が伸びる、ホルモンを放出するなど日々成長とともにタンパク質を分解しています。したがってタンパク質を得ることが出来なければ生きることが出来ないのです。

https://netdekagaku.com/aminoacid_sturcture/

1-2.タンパク質の種類

 タンパク質には大きく分けて動物性タンパク質と植物性タンパク質というものに分けられます。

 動物性タンパク質は必須アミノ酸を豊富に含んでいるので体内に取り込みやすく筋肉などの量を増加・維持しやすくなるものであり筋トレに向いています。

https://coregano.me/article_8518/

 植物性タンパク質は動物性タンパク質に比べると必須アミノ酸の数は少ないですが、脂質が少ないので低カロリーでヘルシーでありダイエットに向いています。

https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=41&category=health

 また動物性タンパク質は体内に90%吸収されるのに対して、植物性タンパク質は70%が吸収されるといわれています。

1-3.昆虫食のタンパク質

 前述したようにタンパク質は大きく二種類に分けられるといいましたが昆虫食は動物性タンパク質に分類されるといわれています。筋トレをするのには動物性タンパク質のほうが向いているので、昆虫は筋トレに向いているといえます。

 では昆虫はどのくらいのタンパク質を含んでいるのでしょう。以下の家畜(鶏肉・牛肉)とコオロギ・ミルワームの基本構成を比較したグラフを見ていただくと昆虫は家畜にも匹敵するタンパク質量であることがわかると思います。

 筋トレの際に摂取するのに向いているのは動物性タンパク質であるといいましたが鶏肉などでは同時に脂質も多量に摂取してしまうのですが、昆虫食の中でも比較的脂質が多いといわれるミルワームでも家畜と比較すると低く効率よく摂取できる可能性があります。

1-4.昆虫プロテインバー

 海昆虫食を筋トレの際に摂取しやすい商品として販売している事例がたくさんあります。

今回はBugMoさんが販売しているプロテインバーを紹介します!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000039322.html

https://bugmo.jp/

好評につき売り切れていましたが、カカオを生かしたブラウニーのような味とともにコオロギの風味と味が楽しめるようです。(再販したら食べたいです。。。)

 私も以前RONさんから頂いた昆虫プロテインバーを食べたことがありますがとても食べやすくコオロギの味も楽しむことが出来るプロテインバーでした!RONさんその節はありがとうございました。

1-5.最後に

 今回は昆虫食でバキバキボディーになれるのかということでいろいろと紹介してきましたが結論として昆虫食だけでは無理でしょう笑

しかし!筋トレのパートナーとして昆虫食を摂取する価値はあると思います!

私も運動部だったので部活後にプロテインを飲んでいましたが水分だとすごい摂取しにくく味も微妙だった記憶があります。それに比べ昆虫プロテインバーは食べやすく、今後昆虫を安価に手に入れることが出来れば手軽にタンパク質を摂取することが出来るのでブームが来ると思っています笑

皆さんもぜひ興味があれば食べてみてください!

参考・引用文献

タンパク質とは[タンパク質の種類、機能、働きなどを解説]

https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=113&category=health

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いは?どっちを食べるべき?