Showing 20 Result(s)
未分類

11月下旬 虫グルメフェスin東京駅

 今回は前回に引き続き11月に行われたイベントに関しての感想を書いていこうと思います!

 11月26日~29日に東京駅「スクエアゼロ」にて昆虫食の大規模なイベントが開催されました。出典店舗は「米とサーカス」さん「TAKEO」さん「はまる食品」さんそして「FUTURENAUT」さんの大学生コラボとして「昆虫食活動家かずき」くんとうつせみテクノでした(+オフィシャルブース)。

 昆虫食企業が集まって大規模なイベントを開催することは前例があまりなくこのような貴重な機会に携わらせていただけたことにまずはお礼を申し上げます。ありがとうございました。

さてせっかくなので今回は各ブースの紹介を僭越ながらさせていただこうと思います!

米とサーカス

 まずは米とサーカスさんです。ジビエや昆虫食料理を提供している老舗です。私たちも高田馬場店や渋谷パルコ店にはよく行きますが、毎回料理がおいしい!すごい!私は昆虫食に興味があり食べてみたい方はまず初めに米とサーカスさんを紹介しています。

米とサーカスさんのすごいところはお店の方のジビエや昆虫食の豆知識などのお話も聞くことが出来るところだと思います。

↓実店舗での料理

そんな米とサーカスさんの東京駅でのラインナップはこちらです。

 まずはこちらのハンバーグ!コオロギのみならず豚や鹿のお肉も堪能できます。発想がすごい!私もご厚意でいただきましたがどれもすごくおいしかったです。コオロギ肉は昆虫の独特の旨味をいかしコオロギのバリバリとした食感も同時に楽しむことが出来ました(購入された方も美味しい!とい皆様言っておりました)

 また実はもったいなくてまだ食べていないので味はわからないのですがスズメバチの飴も提供していました。

 料理はただ食べるより様々な背景を知って食べると、命への感謝など様々な大切なことを学ぶことが出来ます。米とサーカスさんはジビエや昆虫食など私たちがしっかりと考えなければいけないが足踏みをしてしまう食の問題への入門にピッタリであると思います。ぜひ皆様実店舗の方にも足を運んでみてください!

TAKEO

 次にうつせみテクノがいつもお世話になっているTAKEOさんです。私はTAKEOさんのタガメサイダーを飲んで昆虫食の世界に可能性を感じました。TAKEOさんの商品をリパッケージとして東京農業大学の生協でも販売させていただいておりますが、毎回大好評で入荷後すぐに売り切れます!実店舗の方にも伺わせていただいたこともあり、コオロギの最中アイスや超タガメサイダーなどをいただきましたがどれも昆虫も味をしっかりと生かし、見た目もおしゃれで楽しめました。

↓実店舗での料理

 TAKEOさんの東京駅でのラインナップはタガメサイダーやミルワームの飴などや昆虫の姿スナックなどでした。実際に昆虫食が大量に並べられていたので皆様大注目!お土産で購入される方が多数いらっしゃいました。今後もユニークで美味しいTAKEOさんの商品に目が離せません!

はまる食品

 次にうつせみテクノは初めてお会いしたはまる食品さんです。はまる食品さんではなんとゾウムシの幼虫やハチの前蛹の提供をされていました!私はご厚意で人生初のゾウムシの幼虫をいただきました。FUTURENAUTの櫻井さんが一番好きな昆虫食なようでわくわくしながら食べましたが、確かにあの櫻井さんが言うのも分かる…。味はとってもクリーミーなのですが今まで食べた昆虫とは違う気がしました(ハチの前蛹の味に一番近いかも)。いままでセミの幼虫が一番おいしいと思っていましたがランキング更新しそうです美味しい。

 おそらく購入された皆様も同じ感想だった思います。最初は見た目で戸惑っていた方も食べるとおいしい!という嬉しい感想をいただけました。

 はまる食品さんはとっても面白い方ですごく頭の回転がはやいと思いました。私は昆虫食ではなくなぜか女の子のデートの誘い方の成功率を上げる言い方をご教授いただきました。いつか誰かを誘う日にはこの方法は使用してみよう思います(失敗したらはまる食品さんが悪いです)熱い握手を交わしたので今後はまる食品さんとも“昆虫食”で何かできたらいいなと思っています笑

↓東京駅での様子

FUTURENAUTコラボかずき&うつせみテクノ

 お待たせしました!最後に私たち大学生のコラボブースに関してです。大学生で昆虫食に関して活動をしている方がいるということは知っていましたがなかなか機会がなく一緒に何かをやるということが出来ずにいました。そんな時FUTURENAUTの櫻井さんとかずきくんがならせっかくなので大学生でのコラボブースやりましょう!と声をかけてくださり今回参加させていただくことになりました。FUTURENAUTの櫻井さんは群馬県の高崎経済大学、かずきくんは奈良県の近畿大学、うつせみテクノの秋山は東京都の東京農業大学と各個人やっていることも場所もバラバラでしたが昆虫食を普及させたいという同じ思いのもと出店させていただきました。

 私たちは昆虫食の中でも特に機能性やおいしさ、まずは初心者の方にも触れてほしいという思いがありあえて昆虫の見た目を消した商品を生産・販売・普及を考えています。そのため今回のイベントでもコオロギの粉末を生かした商品を提供させていただきました。

↓東京駅での様子

 またせっかくなので実際のコオロギも見てほしいということで、うつせみテクノのからはヨーロッパイエコオロギを持ってきました。ご購入いただいたお客様からも粉末にしてしまえば全然大丈夫といった感想や様々なアイデアなどもいただけました。また同じく大学生の方や多くの農大OBの方ともお話が出来てとても貴重な経験となりました。

 櫻井さんやかずきくんは年齢は近いですがそれぞれがしっかりとした考え方を持っていて素晴らしいと思いました。またこの機会を通して二人の昆虫食以外のことを知れてよかったです笑

 最後になりますが、今回のイベントを通して内山先生や井上咲良さんまいころさんや様々な方とお会いできてうれしかったです。またこのようなイベントが開催されることを心待ちにしております!!

活動日誌

11月上旬 収穫祭in表参道ヒルズ感想

お久しぶりです秋山です💦しばらくサイトの更新が止まっていまして申し訳ございませんでした。

さて11月は昆虫食のおかげさまで多くの皆様と会う・お話が出来ました。本当に感謝しております!

この記事ではまず、11月上旬に開催された表参道ヒルズでの収穫祭について感想を書こうと思います。

東京農業大学の名物である収穫祭はコロナウイルスの影響により今年の開催は中止となりました(農大生の自分としては非常に寂しい気持ちでした)

↓去年の収穫祭の様子&全く関係ない研究発表を自分のものように説明している僕です

今年は北海道文教大学様をはじめ札幌大学様そして東京農業大学様の三校ご協力のもと表参道ヒルズでミニ収穫祭を企画し、うつせみテクノも参加させていただきました!

農大ブースでは、大学生や高校生の研究や商品そしてOBOGの方が開発した商品の展示を行いました。

↓入場時のアルコールも醸造OB寄贈です。かっこいい!

うつせみは活動の発表パネルと現在、世田谷の生協で販売をしている昆虫食の販売そしてコオロギの試食などを行わさせていただきました。

海外ではファッションなどの分野で環境への関心などが非常に高いのですが、さすが表参道…一般の家畜と比べ環境負荷が少なく済む昆虫食に関心を持っていただけました(多くの皆様にコオロギを食べていただき嬉しかったです)。

うつせみのメンバーは普通の人よりは昆虫を食べているため、虫が苦手な気持ちや食べることへの嫌悪感などが薄れてしまいがちなのですが、昆虫食が初めての方のご意見なども聞けてとても勉強になりました(初心忘るべからずですね…)。

またうつせみテクノ以外にも農大で面白い活動をしている学生とお話が出来てよかったです(少しだけ紹介します)!

まずはもぐもぐプロジェクト

もぐもぐプロジェクト (mogmogpj.com)

もぐもぐさんは農大の経済学科の学生が主体として運営されているチームです。

「生産者と消費者の懸け橋になりたい」をモットーに美味しい農産物の加工・販売そしてPRなどを行っています!

僕も農業には関心がありますが、どうしても視点が農業機械や収穫・生産技術などにしか目を向けられないので、経済を学ぶ学生らしい素晴らしい活動であると思います。農業は多面的に見る必要性を改めて感じました。

またPRが非常に上手です!映像などの技術力がすごく本当に学生団体…?

ぜひSNSなども見てください!

もぐもぐProject(@mogumogu_pj) • Instagram写真と動画

次は草ストローのHAYAMI

ホーム | HAYAMIの草ストロー (hayamigrassstraw.com)

実はここはうつせみテクノと同じく東京農業大学の学生が起業した企業です!

草ストローとは東南アジアに生息するカヤツリグサ科のレピロニアと呼ばれる植物が原材料のストローです。

世間ではプラスチックストローの代替として紙ストローが使われていますが、これ熱で溶けるし口にくっつきますよね…

でもこの草ストローは100%自然由来で熱にも強く、また使用後は外に捨てても土に還るのです!完璧なストローではないですか!?しかも、ヤギのおやつにもなるらしいです!すごい!

そしてまたまた流石おしゃれの街表参道、環境に優しくおしゃれな草ストローは大好評でした!

詳しくはHAYAMIのサイトをご確認ください!

まだまだ、カラフルザリガニや農大一高の金魚の研究、段ボールアート、オホーツクキャンパスの流氷や厚木キャンパスの卵など….ここには伝えられないほどの展示がありました!

来年はぜひもっと多くの皆様に東京農業大学の取り組みを見ていただきたいです!収穫祭できるといいなぁ

うつテクサポーターはじめ、お手伝いいただいた皆様関係者の皆様ありがとうございました!

次回は東京駅での虫グルメフェスについて書きます!

ご覧いただきありがとうございました。

未分類

収穫祭in表参道ヒルズに参加します!

10月31日(土)~11月15日(日)表参道ヒルズ 1F イベントスペース「R-STUDIO」にて東京農業大学北海道文教大学での活動を発表するミニ収穫祭にうつせみテクノも参加させていただくこととなりました!!

詳細はこちらから↓

https://www.nodai.ac.jp/research/collaboration/event2020/

昆虫食販売や研究パネルも予定しております。是非ご来場ください!!

(私は11/1~11/3に参加しています!!)

開催時間

平日 11:00~17:00
土日祭日 10:00~19:00

告知

ついに!東京農業大学生協にて昆虫食販売開始!

10/14より、東京農業大学世田谷キャンパスの生協にて昆虫食販売が開始しました!

私が調べた限りでは大学内で昆虫食を販売するというのは全国初であります。

「うつせみテクノが目指す、一般的な食としての昆虫食。」

大学内に販売されるということで身近な食品として普及していけばいいなと思います。

今後様々なラインナップを予定しておりますのでぜひご覧ください!!

是非感想を

#うつせみテクノ#東京農業大学#昆虫食

でつぶやいてくれると嬉しいです!

※新型コロナウイルスの影響によりキャンパスへの入校が制限されている場合があります。詳しくは東京農業大学のHPをご確認ください。

https://www.nodai.ac.jp/

告知

9/17 NHKさいたま放送局「日刊!さいたま~ず」に出演します!

 9/17(木)18:00~から放送予定のラジオ「日刊!さいたま~ず」でインタビューをしていただくことになりました。

 現在実施中の食品ロスを用いた埼玉県のブランドコオロギプロジェクトの話や昆虫食についてのお話をさせていただく予定です!

ぜひ、ご視聴ください。

放送日時:9/17(木)18:00~

放送局:NHKさいたま放送局

番組名:「日刊!さいたま~ず」

番組HP:https://www.nhk.or.jp/saitama/program/nikkan/saitama-zu/

↓東京農業大学のHPでも紹介していただきました。

https://www.nodai.ac.jp/news/article/20200917/

放送後、翌週23日から1週間、らじるらじるというアプリでも全国配信されます。

昆虫・食品ニュース

ぼくはゴキブリに興味がある。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

現在クラウドファンディングに挑戦をしています。ご支援・応援の程よろしくお願いいたします。

食品ロスを使ったブランドコオロギ&昆虫日本食・文化・農業へ向けてのクラウドファンディング挑戦中!!!

下記リンクよりクラウドファンディングをご覧いただけます。

https://camp-fire.jp/projects/view/305421

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ゴキブリは好きですか?多くの人は首を横に振るのではと思います。実は僕もゴキブリが好きかどうかと聞かれたら好きではないです。。。多分笑

 しかし、題名のように今僕の中でのゴキブリが熱いです。夏休みの夜、クワガタやカブトムシを探しに徘徊していました。クヌギの木を見つけ、そこには月夜に照らされた黒光りしたなにかがいました。クワガタだと思い、わくわくしながら近づくと

やあ

。。。こいつを絶対に食べてやる。僕の心を持て遊んだこいつを。そう心に誓い、ゴキブリについて調べました。

1-1.ゴキブリとは

 ゴキブリは熱帯を中心に、全世界に約4000種いるそうです。そのうち日本には50種余りがいるそうです。総数は1兆4853億匹といわれ、日本には236億匹がいると推定されているようです。

 ちなみにゴキブリの和名の由来は諸説あるみたいです。御器(食器)をかぶる(かじる)ことか「ごきかぶり」、食器の下に身を潜め御器(食器)を被ることから「御器被り」、御器のふりをすることから「御器振り」などの説があるみたいです。(wikipedia調べ)

古生代から絶滅せずに生き残っていたことから「人類滅亡後はゴキブリが地球を支配する」といわれているほどの生命力みたいです。

1-2.昆虫食としてのゴキブリ

 調べている中で、昔ゴキブリを食べた人が胃の中で繁殖されて、亡くなったという噂のようなものを思いだしました。しかしこれはデマだったようです。こういったデマもあり、やっぱりゴキブリはネガティブな印象が強いな思います。

 日本でもゴキブリは結構食べられているようです(※一般的なゴキブリは微生物や菌がいて、非常に危険ですので食べないでください!!未来の技術ではわかりませんが笑)

 気になる方は以下の動画をご覧ください。井上咲楽さんと内山さんがおいしく調理をしています。これを見るとおいしそう。。。?

再度申し上げますが、一般的なゴキブリは危険ですので、食べないでください。

1-3.薬用としてのゴキブリ

 ゴキブリは薬用としても広く利用されてきたようです。中国では古くからその効用が伝えられており、中国最古の薬学書である「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」にも生薬名で䗪虫(しゃちゅう)として紹介されているようです。効果としては、血行を良くする、解毒作用などがあるみたいです。

 実は日本でも使われていた歴史があるみたいで、しもやけや風邪、胃腸病などといった治療薬として使われていたみたいです。ゴキブリにこんな効果があったなんて。。。知らなかったです恐れ入りました笑

1-4.ぼくが注目するゴキブリミルク

 最後に紹介するのは僕が今絶賛注目中のゴキブリミルクです!ゴキブリミルクってなに。。。て思いますよね。その名の通りゴキブリからとったミルクです。

皆さんの脳内は????????感じでしょうか笑僕は初めて見た時?????????という感じでした笑

そのゴキブリの名は「Pacific beetle(太平洋甲虫)」と言います。このゴキブリは他のゴキブリと違う「胎生」の品種なのです。「胎生」とは私たちヒトと同じく、メスの胎内で栄養を与えて出産する生き物の繁殖方法の一種です。この、母体内で胎児として栄養を与えることを「胎生」と言います。一般的なゴキブリは卵から生まれます。しかし、このゴキブリのように体内で卵が孵化するのもいます。この、生態を利用してミルクを摂取するようです。

 この技術は海外の技術なのですが、南アフリカの企業ではすでにこのミルクを使用したアイスを提供しているみたいです。残念ながら写真は見つかりませんでした。。。

このミルクのすごいところは牛などのミルクの栄養価の三倍の栄養価があり、必須アミノ酸もすべて含んでいるみたいです。しかし、一匹からとれる量は非常に少ないので一般的な食としてはやるのは難しいかもしれません。しかし、発想がすごいですね。

https://www.sankei.com/west/news/180614/wst1806140087-n1.html

↓詳しく見たい方はこちらからご覧ください。

https://www.sankei.com/west/news/180614/wst1806140087-n2.html

1-5.さいごに

 今回僕は心をもてあそばれたゴキブリを食べようと思い調べました。しかし、ゴキブリは悪いことだけでなく、薬としての利用など重要な価値があるということも分かりましたので、今回は見逃してあげようと思います(※※※決して食べるのが怖いわけではありませんよ)

 今後も様々な昆虫に注目をしていこうと思います。ご覧いただきありがとうございました!

引用・参考文献

ゴキブリとは wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA#